会社案内 Company Information

沿革

1917(大正6年)創業。日本初の液化炭酸ガス製造工場を浅草に建設
1948(昭和23年)工場を新設し、プレンソーダ水の製造販売を開始
1955(昭和30年)ソーダサイフォン(炭酸水製造機)を開発し、製造販売を開始
1958(昭和33年)綾瀬工場稼動 小型高圧ガス入容器(ミニガスカートリッジ)の製造を開始し消火器業界、ガス銃業界、救命胴衣業界へ販路を拡張
1969(昭和44年)米国駐在事務所をニューヨークに開設
1971(昭和46年)都賀工場稼動 ビール業界へ販路を拡張する
1972(昭和47年) 窒素ガス入りミニガスカートリッジの製造販売を開始
1974(昭和49年) 医薬品製造の許可工場となり、医療用酸素ガス入りミニガスカートリッジの製造販売を開始
炭酸ガスの食品添加物の認定工場となる
1975(昭和50年) LPG入りミニガスカートリッジと小型溶接器(ミニトーチ)を開発し、製造販売を開始
1976(昭和51年)米国現地法人NITTAN(U.S.A.),INC. を設立
1977(昭和52年)業界初の、安全封板付ミニガスカートリッジを開発
1980(昭和55年)本社社屋を綾瀬工場隣接地に落成
1982(昭和57年)小型酸素吸入器を開発し、製造販売を開始
1983(昭和58年)レギュレーターの製造販売を開始
1985(昭和60年)混合ガス入りミニガスカートリッジの製造販売を開始
1986(昭和61年)小型酸素吸入器の厚生省医療用具承認番号を取得し、医療業界へ販路を拡張
1989(平成元年) アメリカLELAND社の株45%取得し、アメリカ市場(政府・民間)に販路を拡張
高圧ガス保安協会(KHK)の小型高圧ガス容器製造の認定工場となる
1994(平成6年)日本酸素株式会社(現:大陽日酸株式会社)の子会社となる
1995(平成7年)ドイツ メンデンに現地法人NITTAN EUROPEを設立
1996(平成8年)アメリカ ベーツビル工場稼動
1998(平成10年)都賀工場にミニガスカートリッジの生産設備を統合
2000(平成12年)ミニガスカートリッジのISO9001認証取得
家庭用ビアサーバー 各社に販売開始
ベーツビル工場売却
2002(平成14年)ミニガスカートリッジ関連機器のISO9001認証取得
2003(平成15年)超高圧ガス容器の製造販売を開始
2005(平成17年)綾瀬工場を都賀工場に集約
2006(平成18年)医療機器のISO13485認証取得
2007(平成19年)90周年に至る
2009(平成21年)都賀工場内に機器工場が竣工